FC2ブログ
2019/06/03

前世の変化⑤

エリザベートとシャルル・アンリ・サンソンの前世について
いまロッドで確認をするとエリザベートの前世はありません。
サンソンの前世のみです。

2016年7月の鑑定時に私がまだまだ未熟だったということと
Cさんが自分を分かって来たから前世が変化しました。


鑑定ではCさんの無意識につながります。
無意識とはいえCさんが自分を理解するにつれ無意識が整序されるので
鑑定結果に変化が起きました。

今回は同時代の関係者でズレがでましたが
あまりにも自分のことが分かっていないと大きな違いになります。



小さい頃、
鏡の端から赤い血の様な物が広がっていく悪夢を何度も見ていて、
大人になってからも思い出すとなんとも言えない、
身動き取れない苦しさや恐怖を感じてました。
前回の鑑定でそれがギロチンの刃だった事が分かっています。


これはサンソンの苦しさと恐怖です。

ギロチンの前で罵倒され逆恨みされたこともあり
(なんせ2700人以上を処刑しているんだから、そういうこともあるよね)
死刑反対なのに執行するという矛盾と、対象者の最後を間近で関わり、
さらに執行し撤収、納棺までと
その死に携わることの重圧が彼には尋常ではありませんでした。




追加で鑑定していただき
ありがとうございました!

エリザベートの人柄を調べると、
優しくてあたたかな人柄、堅実で信心深く、野菜や牛乳を村人達に配ったりと、
周囲の評判も非常に良かったと記してあります。
当時の自分は彼女に対し、どこか偽善を感じた事を覚えてます。

処刑される直前の彼女の気持ちを思うと、
何故自分がこんな目に?こんなはずではなかった、
という被害者意識が何処かにある様な気がしました。
善い事をしてきたはずなのに、と。

当時の自分は考え無しの「善いことをしようとする人」でした。
前世=同波長なので、そういう事だったのだろうと思います。
その後色々あって考え無しの善人ではいけないと理解出来たので、
今の課題でもあるシャルルの前世が出てきたのかな、
あの時よりも少しは悪を抱ける様になったかなと感じました。




そうですね。

自分のことが分かって
悪を抱けるようになったから変化しました。

面白いねw




ポチッと応援宜しくお願いしますw





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント