2018/05/16

Nさんの前世②

Nさんの前世鑑定の結果が以下です。


 *     *     *     *     *     *

遊女だった前世があります。
体積体験ありです。

1750年前後の下総国、
今の葛飾区にあった水戸街道の飯盛旅籠で私娼をしていました。

*私娼とは、公認されていない娼婦のこと。


仲居のような仕事もしながら客の相手もしており
どうせなら太夫・花魁と呼ばれるほどにまでなりたいと思っていました。
彼女たちは、知的な会話ができる洗練された男性を相手にし
綺麗で豪華絢爛な着物を着て
同じことをしていても注目を浴びて
一目置かれる存在でいることが羨ましく感じていました。
同じように貧しさのために親に売られ
決してふつうの幸せを掴めないにもかかわらず
太夫や花魁が毅然として凛々しく生きていることが素晴らしいと尊敬してもいました。

家が貧しく、まだ幼い妹弟もいたので売られました。
自分を大切にしてくれる人はいないと絶望し
男性は皆同じで性欲のはけ口としてしか女性を見ていないと思っていました。
家族のためにと我慢してきた数年後、
妹も売られてきたのには心底ガッカリし
なんのために生まれてきたのだろうかと
生きる望みもなにも失い、抜け殻のようになりました。


この前世で軟禁状態でしたので
集団で拘束されるような暮らし方や心理的に逃げられない状況などに
現在も敏感になっていて過剰に反応します。

異性関係でこの前世の影響が強く出ていました。
自分がどこまで愛されているか試したくなり無理難題を云ってみたり
わざと嫌われるような言動をしたりと
男性に翻弄されてきたことで傷ついたことが裏返しの形で出てきていました。

また自分を大切にしてくれない相手を振り向かせ
自分と真剣につきあうようになるのではないかと果敢に挑戦したりと
周囲から見れば危なっかしいことをしがちでした。

それも自分が愛されているかどうか分からないので
自分を大切にすることが苦手だからです。
根底には自分が愛することよりも愛されることを求めています。

結婚したことで安定し、自分の癖に向き合う準備ができたので
この前世に気づきました。

ご主人との喧嘩では主にNさんの癖が出てしまっています。
喧嘩後に落ち着くと、何故あのような反応をしたのか分からなくなったりと
喧嘩になるような時には反射的、感覚的な反応が出ています。
冷静になった時に自分が何に反応しているか自覚し
これからどう対応すればいいか分かると徐々に改善できます。

以上です。
大変お待たせしました。

 *      *      *      *     *      *      

Nさんの感想は明後日に(^o^)丿




ランキングに参加し始めました。ポチッと宜しくお願いしますw


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント