FC2ブログ
2018/01/27

負けたぁ

i f さんからもらった「がごめ昆布」は最強です。

うちにあった「納豆昆布」というネーミングのがごめ昆布と食べ比べたら。。。


圧倒的に粘りが強い!!

「納豆昆布」というネーミングは止めた方がいいぞぃ。
と思ったけれど納豆とおなじぐらいの粘りだからOKだわ。


猫も食べづらそうだった。
ドライフードの上に少しずつ乗せて置いたら
餌皿から15センチぐらい顔を離し横向いてモグモグしてたけど
何度噛んでもお皿から糸引いたまんまで笑えたw

ウチの猫は引き割り納豆も食べるのだけど
納豆以上に食べづらそうで
やっぱり納豆昆布と云ってはいけないモノだった。

このがごめチャンはほんの少~しずつなら箸でもとれるけど
ちょうどいい一口にはできないのだ。


そんな最強がごめチャンは「山本食品有限会社(尾道市)」の
「わけあり がごめ刻み昆布(短)」であります。
楽天やヤフーでも買えますよ。



薬膳では
腎の働きが衰える冬には昆布やわかめを食べるとよいとされています。
この腎っていうのは全身に活力を与える器官で
腎が弱ると気力・体力が落ちて、元気・やる気がなくなるらしい。
丁度いいタイミングで美味しい昆布をもらえてラッキーでした♪


安くて美味しいモノをみつけるってことが私には不得手なので
意識を変える必要があるなと改めて考えているところ。
コピ・ルアク(猫の体内を通ってきた珈琲豆)は見つけちゃうんだけどね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント