FC2ブログ
2017/10/31

平安時代の姫

わたしと夫は、城下町がとても好きで、山口にある城下町をあちこち訪れ
懐かしく心地よくて、こういう処に家が欲しいねぇと話してたことがあります。

さらにわたしは琴を習っていたこともあって
着物でいつか弾きたいなと思っていました。
頭の中のイメージでは十二単(笑

そんなこんなでこれまでに
わたしの前世に平安時代の姫があるということをロッドで確認しています。


それでもイマイチ疑っているせいか
これでもか!とまたサインが集まっていました。


6月の京都お話会でOさんからいただいた龍カードは
まさかの「姫龍」
170620_1707-01.jpg

引き当てて「え~?!ガラじゃないなぁ」なんてわたしが云ったら
Oさんが「姫じゃん!ブログをみてても姫だよー」とな。
一緒にいたMさんも「そうだよ。 それにミツウロコが入ってるー」と教えてくれました。

このミツウロコもロッドで確かめると
平安時代のわたしの家紋であったし、さらに鎌倉北条氏の前世もあると。


そして、このカードの下にある「信頼できる人との出会い」の意味が
福岡お話会が終わってやっと気づいた次第です。(遅いー)

この出会いとは
京都お話し会で初めて顔を合わせ話をしたNさんとOさんのことでした!

京都でも話をして、さらに福岡でもほとんどの時間を一緒に過ごし
PANDORAの昔話や前世の話をしていました。

わたしってば、失礼なことをしていたんです。

お二人の方がちょっと年上なのに、
気づくとタメ口で話していて、気をつけようとしたんだけど
リラックスしすぎたのかな、すぐにタメ口w
気にならないよとか云ってくれたお二人だったけどね。
今思うとホント冷や汗もんなんだけど、
ずーっと昔からお世話になっている人たちだなって感じてました。

ロッドで確かめると一緒だった前世が幾つかあり
その一つが平安時代の姫のとき。

Oさんはわたしの教育係的な存在で
Nさんは小さい頃から身の回りのお世話をしてくれた人でした。

前世でも一緒に出掛けることが多くて
道案内をしてもらいながら話をたくさんしていました。

福岡にいる時も
Oさんがふと云ったことでひと考えさせられたり
Nさんが
「(わたしを)お守りしなくちゃと思ってたけど、守る必要がなくなってたw」
などとポロッと云ったりと
深いつながりがこれまでにあったのだと示していました。



さらにもう一つ
猫を飼い始めてすぐの頃
なぜか猫に紐をつけたくなったことがありました。

小さすぎて勝手に外に出ることはないから居なくなる訳ないし、
そんな心配もしていないのに、なぜか紐をつけておきたい。

不思議に思っていたら
たまたまつけたテレビが教えてくれました。

平安時代の日本にすでに猫がいて
とても貴重だったので居なくならないように傍に置いとくように
貴族は紐をつけて可愛がっていた、と。

これもまた平安時代に姫だったサインでした。



それでも姫の前世ってどうよって半分は疑っているのだけど
魂が戦士だから
いろいろな立場の人になって、いろいろ挑戦するために
姫もアリだな、とも思う。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

面白~!

面白い。

Re: 面白~!

前世というのは奥が深い。