FC2ブログ
2016/09/21

友人のぐれん 2

じつは、Kはイケメンで今もそれなりで、
スポーツカーに乗って、髭を生やしてカッコつけている。

やりたくて楽しんでやっているのならいい。
しか~し
悲しいことに、それが中身の無さを誤魔化すハリボテとか
自分の弱さを守る鎧に見えちゃうんだな。
おまけに必死になってる感じもするし
本人の努力の方向がズレた結果だと思うけど、気の毒。
素直に逃げずに向き合って生きていれば、自然と精悍な顔つきになって、
わざわざカッコつけなくてもよくなってくると思うんだけど違っちゃったみたい。
このままじゃ、50の坂を越える可能性は高くはなさそうだ。

Kは中身の無さを自覚している?   yes (少し)
無意識では分かっている?   yes
自分の弱さを自覚している?  no
無意識では分かっている?   no
自分には分からないことがあると分かっている?  yes
分かりたいと思っている?  no

分からないことがあっても分かりたいと思わないこともあるんだねぇ。
そっか~
分からなければ分かりたいと思うのが当たり前だと思っていたけど
決めつけてたわ。


今回のことはK本人にとっては青天の霹靂だったようだけど、
小さなことがいくつもあったはずで、それに気づかなかったのか逃げたのか
小難が大難になってしまっただけさね。

PANDORAを紹介したけれど
読めなかったみたい。
やっぱりPANDORAが無理なレベルというのは大きい。

1日半一緒にいて夫とわたしを観察して話をして少しは刺激があったと思いたいが
そこも怪しいもんだ。
これからKが何かしら気づくきっかけに、分かるきっかけになれば嬉しいけど
もう祈るしかことしかできないな。


「消えて無くなりたい」のメールについて
前回親身にならなかったツケかな、とチラリと思ったけれど
じつは真剣にオレの相手しろよというKの無意識のアピールだった?  yes
Kのハイヤーセルフが我が家へ来るよう仕向けた?  yes
夫とわたしの会話から自分達との違いを見出した?  yes
何かしら得たものがある?   yes  
夫の話が参考になった?  yes

だといいな。。。

Kが差を取ること(悟ること)ができますように。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント